食欲が減ってきたら疑うべき原因とは?対策も紹介

最近、あまり食欲がないなと思うことはありませんか。食欲がないからと食事を疎かにしていると、エネルギーが不足して元気が出ず、生活に支障をきたしてしまうこともあります。 食欲の減退には様々な原因があります。本記事では、食欲が減る原因と対策法をいくつかご紹介いたします。

■加齢
加齢に伴う食欲の減退にはいろいろな原因があります。
例えば、運動量や筋肉量が低下すれば、空腹感が起こらず、エネルギーの必要量が減ります。加えて加齢に伴う視覚や嗅覚の低下や口腔の状態の変化などでも、食欲の有無が変わります。

■ストレスや不規則な生活習慣
ストレスや不規則な生活が続くと自律神経のバランスが崩れ、食欲が減退してしまうことがあります。

■飲酒
アルコールの過剰摂取は肝臓に負担をかけるため、解毒作用が低下します。すると、身体のだるさなどとともに食欲の減退が起こります。

食欲を減退させないための対策もご紹介。

■規則正しい生活
夜ふかしや朝食を抜くと、自律神経は乱れやすくなります。自律神経のバランスが乱れると食欲は低下します。1日3食、早寝早起きの習慣を心がけ、眠る前にはぬるめのお風呂に浸かるのがおすすめです。

■気分転換をし、ストレスを溜めないようにする
精神的なストレスが長引けば、食欲不振に陥りやすくなります。そのため、悩みや不安は早く解決することが大切です。また、自分の好きなことをして気分転換をするようにし、リラックスできる時間を作るのも大切です。

■適度な運動
体を動かすと、エネルギーが消費され、自然に食欲がわいてくることもあります。ウォーキングなど自分のペースでできる運動を続けましょう。

■アルコールは適量を守る
アルコールを過剰に摂取すると、胃や肝臓などに負担をかけるだけでなく、食欲不振にも繋がります。
アルコールは適量とし、週に2日は休肝日を設けるようにしましょう。

お役立ち情報

page top