目の下のくまは顔の印象を暗くしてしまう…タイプに合わせた対策

目の下にできる「くま」は、老けて見られたり疲れ顔に見られたりする原因です。
目元を明るく若々しい印象にするためには、くまの種類別にしっかりと対策をしましょう。

しわ・たるみ・血行不良については、栄養の摂取・血行促進で対策

くまには、原因別に大きく分けて3種類があります。
そのうち、しわやたるみなどの加齢の原因が「黒くま」、血行不良によって起こるのが「青くま」です。
黒くまは、加齢で皮膚がたるんだことによってできたしわで影ができてしまうことにより起こります。
そのため、黒くま解消には目元を引き締める「眼輪筋」のトレーニングがおすすめです。5秒間目をきつく閉じた後、ゆっくり目を見開くトレーニングを、お風呂上がりなどに行ってみましょう。
血行不良が原因の「青くま」対策には、何よりも血行改善がポイントです。温感ジェルなどで目元を温める、蒸しタオルと冷やしたタオルで目元を温めて冷やすを繰り返して血行促進させると、効果的です。

メラニン色素の沈着については医師に相談して対策

くまの三つ目の種類として挙げられるのが、メラニン色素の沈着によってできる「茶くま」です。
目の周りの薄い皮膚をこすったり、紫外線によるダメージを受けたりすることにより、色素が沈着しやすくなります。
茶くまは青くまや黒くまよりも改善が難しいので、医師に相談をして適切な対策を取ることをおすすめします。

お役立ち情報

page top