美白成分アルブチンの働きに注目!メラニンとの戦い

美白効果に優れた成分として注目を集めるアルブチン。果たしてどんな成分なのか、その正体と働きを紹介します。

正体は「ハイドロキノン+ブドウ糖」

アルブチンには、「α-アルブチン」と「β-アルブチン」の二つがあります。
α-アルブチンは美白成分として有名な「ハイドロキノン」という成分にブドウ糖をα結合により転移したもので、β-アルブチンはコケモモやナシなどに入っている成分です。
このうち、世間一般的に美白効果が期待できると知られているのは、α-アルブチンです。ハイドロキノンは高い美白効果を持ち、美白化粧品にも用いられることも多いものの、刺激が強いことがあり、肌トラブルの原因になることもありました。しかし、アルブチンはハイドロキノンよりも安定した成分なので、より肌にやさしい美白ケアができます。

メラニンの元となる酵素チロシナーゼを抑えてくれるアルブチン

しみやそばかすの原因は、肌で生成されるメラニンです。メラニン生成には「チロシナーゼ」という酵素が必要ですが、アルブチンはこのチロシナーゼに作用してメラニン生成をグッと抑える作用を持ちます。
アルブチンは、美白ケアに良い成分として美白化粧品に多く用いられています。メラニン対策をしながら美白したいなら、アルブチンに注目して化粧品を選んでみましょう。

お役立ち情報

page top