美白ケアにおけるメラニンを作らないための対策

美白ケアの大敵は「メラニン色素」です。
このメラニン色素が肌の中で生成しないようにするための基本的な対策について解説します。

紫外線から身を守るために直射日光に注意する

太陽から降り注ぐ光のうち、目に見えない光の一つが紫外線です。
紫外線により肌にダメージや刺激が与えられると、肌を保護するためメラニン色素が生成されます。
このメラニン色素が過剰に生成され蓄積すると、しみの原因になることもあります。

そのため、美白ケアを行うにはメラニン色素が生成される原因となる紫外線から身を守るのが先決といえるでしょう。
太陽光が強い日は日焼け止めをしっかり塗り、日傘をさすのも効果的です。

体内でメラニンを作らせない成分を取り入れる

先述のように、物理的に太陽光から身を守るのは紫外線対策の基本です。
しかし、どんなに紫外線対策をしても完璧に紫外線をカットすることは困難です。美白ケアのために、さらにしっかりと紫外線対策をするなら、身体の内側からケアすることも大切です。
美白の大敵であるメラニンが酸化すると、肌を黒くする作用が出てきます。そのため、酸化を防ぐ成分を取り入れることで、美白効果を高められます。例えば、ビタミンCやビタミンEなどは代表的な抗酸化作用を持つ成分とされています。日焼け止めなどと並行してこれらがたくさん含まれる食品を食べれば、内側からの美白ケアに役立てられるでしょう。

お役立ち情報

page top