肌トラブルは皮膚常在菌のバランスの乱れも原因になりうる

「人間の皮膚には常に細菌がいる」と聞くと、菌は肌に悪いのでは?と考えてしまうのではないでしょうか。
しかし、皮膚常在菌は肌にとって大事な役割を持つ菌なのです。

外的刺激から肌を守ってくれる皮膚常在菌

「細菌」という言葉にはあまり良いイメージを持たない人も多いはず。そのため、皮膚にいる細菌は肌トラブルの原因となっていると思われてしまうこともあります。ところが、皮膚常在菌は皮膚を健康に保つために大事な役割を持っている菌なのです。
皮膚常在菌の種類はいくつかありますが、代表的なものが「表皮ブドウ球菌」です。最も多く存在する皮膚常在菌で、グリセリンを分泌することにより肌にうるおいを与えながら外的刺激から守ってくれる働きを持ちます。

皮膚常在菌を整えるには清潔&保湿が鍵

肌を良い状態に保つには、皮膚常在菌を整える必要があります。そのためには、肌を清潔に保ち、保湿をすることがポイントとなります。この状態を維持することが、皮膚常在菌が働きやすい環境づくりにつながるからです。
ここで重要なポイントは、「洗顔をしすぎない」ことです。清潔に保つためにマメに洗顔をしすぎると肌を守ってくれている皮膚常在菌まで洗い流してしまいます。夜の洗顔以外では洗顔料を使わず、皮膚の汚れを洗い流す程度に留めておきましょう。
清潔にした肌へこまめに保湿を行っていれば、皮膚常在菌が棲みやすくコンディションの良い肌をキープできるでしょう。

お役立ち情報

page top