手は顔よりも老けやすい…手のシワができやすい理由

シワというと、ついつい顔にできるシワを気にしてしまいますが、見落としがちなのが手のシワです。
顔と同じく日中に紫外線に晒されやすい手ですが、顔はしっかり日焼け止めを塗ったのに手は忘れてしまったなどということもよくあるでしょう。そんな手のシワへの対策をしっかりと行い、老化を予防していきましょう。

手が老化しやすい理由

手が老化しやすく、シワができるのには以下のような理由があります。

・紫外線
特に夏は手袋をする機会も少なく、手が紫外線に晒されやすくなります。

・水のダメージ
洗い物や洗濯など水仕事をしていると、手の角層がふやけて手が乾燥しやすくなります。

・新陳代謝の遅さ
顔と比べてみると、手は新陳代謝ペースがかなり遅いと言われています。

・皮膚の薄さ
手は身体の中でも皮膚が薄い場所になるため、シワができやすい箇所です。

手のシワを防ぐためにできる対策

手のシワ予防として、まず手にダメージを与えないよう外出時に日焼け止めを塗る習慣をつけてみましょう。
また、紫外線をカットして日差しによるダメージを軽減する手袋が販売されています。夏に手袋は気が進まない人も多いかもしれませんが、そちらを着用するのも効果的です。冬は乾燥がひどくなるため、こまめに保湿用のクリームを塗るのをおすすめします。

お役立ち情報

page top