化粧品に含まれる界面活性剤はどんな働きをするの?

非イオン界面活性剤

水に溶かしたとしてもイオン化しない界面活性剤で、「ノニオン界面活性剤」とも呼ばれます。
高い洗浄力と低い毒性を持っていて、石鹸や洗剤に多く使用されています。

イオン性界面活性剤

水に溶かすことで、一部の分子がイオンに変化する界面活性剤のこと。
化粧品に使われている界面活性剤も「イオン性界面活性剤」なんですよ。

イオン性界面活性剤は、性質の違いで2種類に分けられます。
水になじむ部分がマイナスイオンになる「アニオン界面活性剤」と、プラスイオンになる「カチオン界面活性剤」があります。

アニオン界面活性剤は洗浄力と泡立ちを良くしてくれるため、シャンプーやボディーソープに多く使用されています。
一方、カチオン界面活性剤は帯電防止や殺菌作用を持ち、リンスや殺菌剤などに用いられます。

この2種類のほか、水に溶けてもイオン化せず、プラスイオンとマイナスイオン両方の性質を持っている「両性界面活性剤」があります。肌にやさしいため、低刺激性化粧品に使われています。

このように、一口に界面活性剤と言っても複数の種類があり、それぞれ異なる性質を持っています。

お役立ち情報

page top