ビタミンC誘導体が体内でしてくれる仕事

用するよりも、役割やメリットを知っておくことで、自分の肌に合った化粧品を見つけるときに役立ちます。
そこで、今回はビタミンC誘導体が体内でしてくれる仕事についてご紹介します。

名前の通りビタミンCを体内の様々なところに運んでくれる

肌を整えたいときにビタミンCを意識して取り入れる方も多いと思いますが、ビタミンCそのものは皮膚に浸透しづらいと言われています。また、化粧品に入っているビタミンCが酸化してしまうと、効果を活かせないことがあります。

これら2つの問題点を解決できるのがビタミンCを化学装飾したビタミンC誘導体。通常のビタミンCよりも肌深いところまで運んでくれます。また、化粧品に入れても酸化しづらいため、美白効果をより感じられやすくなります。また、種類にもよりますが、ビタミンC誘導体は厚生労働省が認めた美白成分なので、安心です。

水溶性・脂溶性・新型の3種類が存在

ビタミンC誘導体にはいくつか種類がありますが、最近では新型ビタミンCが話題になっています。
新型では浸透率が高くなり、さらには美白以外にも様々な効果が発揮されます。肌を整えたいときには、新型ビタミンC誘導体の化粧品を使ってみてはどうでしょうか?

お役立ち情報

page top