たるみの原因となる顔の筋力低下を防ぐトレーニング

腕や足にも筋肉があるように、顔にも筋肉がしっかりとついています。
ダイエットのときや筋肉をつける際は、身体に目がいきがちなものですが、顔の筋肉は使わないと徐々に衰えて、たるみに変わっていきます。顔の筋肉をしっかり鍛えると、表情豊かになるだけでなく顔の締まりがよくなりますよ!

顔の筋肉が弱まると徐々にたるみ始める

初対面の人の顔を見た時、年齢の印象を大きく左右するのが口元です。
顔の筋肉、特にあごの筋肉は年齢とともに弱くなりやすく、近年ではスマートフォンなどを使用する際にうつむきがちな姿勢をとる人も多いため、余計に顔の筋肉がたるみやすくなっているといわれています。

顔の筋力トレーニングのやり方

顔の筋肉は、腕のようにダンベルなどを使って鍛えることができません。
ですが、顔の筋肉は日常の動作を意識することで鍛えることが可能です。まず、食事をする時は一度の咀嚼で噛む回数を20〜30回ほどに増やしてみましょう。この際、左右で偏らないよう交互にしっかり噛むのがポイントです。また、噛む時も口を開けず口の中だけでしっかりと噛みましょう。こうすることで、日常の中で顔の筋肉を鍛えることに繋がります。

お役立ち情報

page top