コラーゲンは体の中でどのような役割を果たしているのか

美肌のための成分としてよく知られるコラーゲンですが、その役割は肌だけではなく、身体のさまざまな場所で必要とされています。

肌のハリと弾力を保つのがコラーゲンの有名な働き

コラーゲンとは、人間の身体に必要な「3大栄養素」の一つであるタンパク質の一種。
身体のタンパク質の約3割がコラーゲンで出来ているといわれるほど、身体にとって大切な成分です。

特に皮膚の7割ほどはコラーゲンといわれるほどなので、いかに肌にとってコラーゲンが重要かということがわかるでしょう。

肌の中のコラーゲンは、肌の弾力や水分を保つ働きがあります。そのため、コラーゲンが減少すると肌のハリや弾力も失われてしまうのです。

軟骨の弾力・血管の強さの維持、骨づくりのサポートなど他の働きもたくさんある

皮膚以外に、コラーゲンは、軟骨や血管、腱などを構成しています。さらに、骨もコラーゲンを多く含んでいる部分です。

コラーゲンを多く含む関節軟骨は、複数の骨をつなぐ関節にあり、骨同士をなめらかに動かすためのクッションの役割を持ちます。また、血管壁のキズ修復や血管の弾力向上作用、骨のもととなるカルシウムを定着させるためのサポート的役割など、コラーゲンが持つ働きは身体中のさまざまな箇所にあるのです。

お役立ち情報

page top