40歳前後から現れるシミ「老人性色素斑」の恐ろしさ

みなさんは老人性色素斑という言葉を聞いたことがあるでしょうか?老人性色素斑とは、老人性という言葉の通り加齢とともに現れるシミのことです。「私は最近紫外線対策をしているから…」と思っていても、この老人性色素斑は想像に反して現れる場合があるのです。

人生で浴びた紫外線が原因となり時間が経つと現れるシミ

老人性色素斑は、加齢で肌の生まれ変わりのサイクルが弱くなったからシミができる…ということではなく、今まで紫外線によって蓄積された肌へのダメージがシミとして出る、というものです。
つまり、最近になってようやく紫外線対策を始めたというだけでは予防できているとはいえません。

シミを薄くするにはターンオーバーを促進!

ただ、シミが出てしまっても薄くする努力をすることは可能です。
特にビタミンCは普段から美肌に良いといわれているだけあり、肌のターンオーバーを促進し、サイクルを整えてくれます。
また、リコピンを多く含むトマトもおすすめです。
リコピンに含まれる成分が、紫外線に当たることで増える活性酸素を除いてくれるため、毎日の食事に取り入れてみるとよいでしょう。もちろん、シミを増やさないために毎日の紫外線対策も意識するのが大切です。

お役立ち情報

page top