日焼け止めのSPFやPAの意味、ちゃんと知っていますか?

特に夏のシーズンには必須アイテムの日焼け止め。皆さんは日焼け止めを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?

肌との相性や値段というのはもちろんありますが、一番気になるのはやはり「SPF」や「PA」。
SPFの数値が高いほど、またPAのプラスがたくさんついているほど、より紫外線から守ってくれるという指標として、日焼け止めを選ぶときに重要視しているのではないでしょうか。

ところでこの「SPF」と「PA」のちがいについて、ちゃんと知っていますか?なんとなく似たようなものとして認識しがちですが、実はSPFとPAには明確な違いがあるのです。

SPFとPAのちがいの前に、まず紫外線の分類について説明します。
紫外線は、波長が長い方から順に「UVA(紫外線A波)」「UVB(紫外線B波)」「UVC(紫外線C波)」の3種類に分類されます。一番波長の短いUVCは、オゾン層でカットされてしまうので、私たちが生活する地表に届くのはUVAとUVBの2種類です。UVAとUVBはどちらも肌に悪い影響を与えますが、どんな影響を与えるかが異なります。

UVA
肌の奥深くの真皮まで届き、シワやたるみを促進します。
また、雲や窓ガラスも突き抜けてくるので、天気が悪い日や室内にいるときも油断できません。
UVB
主に肌の表面、表皮に強く影響します。
メラニンを増やしてシミやソバカスの生成を促します。

さて、ここでSPFとPAの話に戻りますが、簡単に言うと、SPFの数値が高いほどUVBの防止効果が高く、PAの+の数が多いほどUVAの防止効果が高いということを示しています。

紫外線に弱い体質の人でもSPFが50程度あれば紫外線の強い場所でも炎症を防止できると言われているため、50以上のSPF値は「SPF50+」と表記されます。PAは「PA++++」が最も防止効果が高く、UVA防止効果が極めて高いとされています。

買い物や散歩などの日常生活であれば「SPF10」「PA+~++」程度、屋外での軽いスポーツなどは「SPF10~30」「PA+~+++」程度、炎天下でのレジャーであれば「SPF30~50+」「PA++~PA++++」、おおよそこれくらいを基準として、シーンに合わせて適切な日焼け止めを選びましょう。

お役立ち情報

page top