年齢肌の天敵「紫外線」特に強い季節、時間帯はいつ?

お肌の天敵、「紫外線」。
特に夏は日差しが強くなるので、外に出るときには日焼け止めをしっかり塗って帽子や日傘で対策をするというのは必須ですよね。
一方で、秋から冬にかけては乾燥に季節なので、ついつい保湿対策ばかりに目を向けていないでしょうか? 実は、寒くなる秋~冬の時期でも、紫外線はじゃんじゃん降り注いでいるのです。

下の図を見てみてください。
これは、月ごとの時間帯別紫外線指数(UVインデックス)をまとめたもので、「何月のどの時間帯はどれくらいの紫外線の強さか」をあらわしています。
※紫外線指数(UVインデックス):
紫外線が人体に及ぼす影響の度合いをわかりやすく示すために、紫外線の強さを指標化したもの

7~8月はやはり高い数値になっており、特に11~12時のお昼前ごろのピーク時は注意が必要だということが分かります。

また、夏に入る前の4~6月も意外と注意が必要です。もちろん夏本番ほどではありませんが、その8割ほどの紫外線はガッツリ降り注いでいるのです。気温もそこまで暑くないのでなんとなく気を抜いてしてしまいがちですが、受ける紫外線は高いことを考えるとちゃんと対策しないと大変なことになりそうです。

そして一番油断しがちな冬。パッと見では赤い時間帯はありませんが、冬のお昼の紫外線指数は2~3、これは真夏の夕方4時頃に匹敵します。これは全然油断できませんね…

結局のところ、太陽がでている限りは季節に関わらず紫外線に気をつけて生活したほうが良いということですね。

※気象庁「月最大UVインデックス(観測値)の時別累年平均値グラフ」 (https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/info_uv.html)を加工して作成

お役立ち情報

page top