コラーゲ取方法は?

美容成分といえばまずコラーゲンを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?それほど広く知れわたっているコラーゲン。健康食品としても様々なメーカーが商品を発売しています。 コラーゲン商品は、大きく「つぶタイプ」「パウダータイプ」「ドリンクタイプ」の3つに分類できます。それぞれのタイプに長所と短所があるので、どんな特徴や傾向があるか比べてみましょう。

比較項目 つぶ パウダー ドリンク
1日分の
コラーゲン含有量
1,000~2,000mg 5,000mg程度 2,500~10,000mg
1日分のカロリー 7~9kcal程度 20kcal程度 20~40kcal程度
コラーゲン100mg当たりの価格 平均20~30円 平均2~3円 平均8~15円
一般的な摂取方法 6~8粒を水と一緒に飲む 袋からスプーン1~2杯をすくい取り、飲み物などに混ぜて飲む 1本分(30~50mL)を飲む
プラスαの美容成分 さまざまな成分が含まれているが、配合量は少ない。 1~2種類程度含まれているものもあるが、配合量は少ない。 さまざまな美容成分が含まれている。各成分の配合量も多い。

ンのおすすめの摂【つぶタイプ】
コラーゲン自体は他タイプと比べて多くないですが、コラーゲン以外にもさまざまな美容に良い成分を含んでいる商品が多いのが特徴です。
それもあってコラーゲン100mgあたりの価格でみると他タイプと比べて割高で、コラーゲン量だけで見るとコスパは△かもしれません。

【パウダータイプ】
プラスα成分は種類・量ともに多くなく、含まれていても1~2種類とコラーゲンがメインの商品が多いのが特徴です。その分価格も安めなので、コラーゲンだけを集中して摂りたい人にはおすすめです。逆に言えばコラーゲン以外の美容成分はあまり取れない商品が多い点がデメリットです。
また、大きなパックやボトルに入っているタイプですと、持ち運びは難しそうです。

【ドリンクタイプ】
つぶタイプ同様コラーゲン以外にもさまざまな美容成分を含んでいる商品が多く、各成分の配合量も比較的多いのが特徴です。
フルーツ風味で飲みやすい商品が多いですが、逆に甘いドリンクがどうしても苦手という人にはあまり向いていないかもしれません。

このように、つぶタイプ、パウダータイプ、ドリンクタイプ、どれもそれぞれ長所・短所があります。自分にあった商品タイプを選ぶようにしましょう。

お役立ち情報

page top